コーチングの基本的なスキルとは?どんな役に立つの?

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/20


コーチングとは何か、どんなシーンで活かせるスキルなのかご存知ですか?本記事では、最近注目を集めているコーチングの基本的なスキルとは何か、どんなシーンで活かせるのかについて紹介します。コーチングスキルの習得を検討している方、人材育成に力を入れたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

コーチングの定義とは

コーチングとは会話を通して、相手が自身の目標達成のために必要なことに気が付くように、誘導してあげる会話手法のことです。相手が自分自身で答えに気が付けるように、ヒントを出すのであって、答えを直接教えてあげるわけではありません。目標が達成できないのはあなたにこれが足りないからだよ、と答えを伝えられてしまうと、自信の喪失や、やる気の喪失に繋がってしまう恐れがありますが、コーチングを利用して、答えまでたどり着けるように手助けを行うと、相手の成長意欲を高めてあげることができます。

成長意欲を高められること以外にも、相手の視野を広げてあげられることや、自発性を高められることなどのメリットがあります。よく似た言葉にティーチングというものがありますが、それとは全くの別物です。名前も似ていることから、同じ意味を持った言葉だと勘違いしている方は少なくありませんが、間違わないように注意しておきましょう。

コーチングの3つの基本

コーチングの3つの基本は、インタラクティブ・オンゴーイング・テーラーメイドと言われています。ここでは、それぞれがどういう意味なのかを詳しく解説します。コーチングスキルがどんなものなのか気になるという方は、ぜひ参考にしてください。

インタラクティブ

インタラクティブとは、相互作用、双方向という意味のビジネス用語です。コーチングのインタラクティブでは、双方向という意味で使われています。片方の一方的な会話ではなく、双方向からの会話が必要ということを表しています。双方向からの会話は、そもそもコーチングだけでなく、日常生活においても重要な要素であり、コーチングをマスターしインタラクティブな対話が行えるようになれば、日常生活にも応用していくことが可能です。インタラクティブはコーチングだけでなく、会話の基本とも言えます。

オンゴーイング

ビジネスの場でオンゴーイングとは、相手が自分の目的を達成するための行動を起こした際に、無事に目的が達成できるようにフォローすること、という意味があります。コーチングにおいては、現在進行形という意味があります。目的を達成するためには、1度や2度の対話で終わりと考えるのではなく、1年や2年など継続的に対話を重ねることが重要だと言うことです。継続的に対話を重ねることには、相手のモチベーションを高く維持することなどのメリットがあります。

テーラーメイド

テーラーメイドには、個別の対応という意味があります。コーチングにおいての個別対応とは、11人順番に対応するという意味ではありません。対話の相手1人1人の個性に合った対応やそれぞれが求めている対応を行うという意味です。人間はみんなそれぞれ個性が異なっているため、全ての人に同じ対応をしていては、全ての人にとって最適な対応を行うことはできません。そのため、それぞれに合った個別の対応を行うことが重要です。対話の相手がどんな性質なのかを見抜いて、望んでいる最適な接し方を行うことが、相手の目標を達成させることへの近道といえます。

コーチングは幅広い場面で活かせるスキル

コーチングスキルは、幅広いビジネスの場で活用できるスキルです。代表的な例を挙げると部下の育成や、クライアントを目標達成へと導く際などで活用することができます。クライアントとの対話にコーチングを利用すると、ヒアリングを通してクライアント自身もどうしたらよいのか、目標は何なのか理解していないことを、クライアント自身の力で目標に気づかせ、目標達成のためには、何が必要なのかを導き出させることが可能です。

少子高齢化が進み、若い人の人数がそもそも減ってきているため、これからは優秀な人材を確保するためには、社内の人材を育成していくことが非常に重要になってきます。コーチングを社員の育成に活用すると、自主性や成長意欲の高い人材を育成することが可能です。自己判断のできる自立した社員を求めている企業にコーチングの導入はおすすめです。なお、コーチングスキルを習得する際は、コーチングスクールを活用すると、効率的にスキルを習得することが可能です。習得を考えている方は、ぜひスクールの利用もご検討ください。

 

コーチングとは会話を通して、相手が自身の目標達成のために必要なことに気が付くよう、誘導してあげる会話手法のことです。ティーチングとは全くの別物です。コーチングの基本はインタラクティブ、オンゴーイング、テーラーメイドの3つと言われています。コーチングスキルは近年注目を集めているため、専門的に知識を学ぶことができるスクールが存在しています。スキルを身に着ける際はぜひご検討ください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む