起業・副業に役立つ?コーチングが必要なその理由とは

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/24

政府が進める働き方改革や、世の中のさまざまな動きから働き方に対する考え方も多様化され、起業や副業に興味を持つ人が増えています。起業や副業を成功させるのに役立つスキルを高めるのに、「コーチング」が注目されているのをご存じでしょうか。起業や副業になぜコーチングが役立つのか、コーチングとビジネスの関係を解説します。

コミュニケーション力の向上に役立つコーチング

コーチングとは、対話を通して本来の目的や根底にある思いを引き出しながら、対象者の能力やスキルを開花させていく目標達成手段です。コーチングでは、命令や指示をしたりされたりすることがなく、対等な立場での対話が成り立ち、コーチは常に対象者の味方となって相手の成長や気づきを促し、自らの決断で未来を切り開けるようにサポートします。

コーチも相談者も相手の思いや質問の意図を正確に汲み取ったり、自分の思いや考えを冷静かつ論理的に伝えたりすることが重要になり、コーチングは、傾聴力や伝達力といったコミュニケーション能力の向上に役立つといえるでしょう。

起業や副業ではコミュニケーション能力が問われる

起業や副業を行うときは、営業をしたりクライアントと交渉をしたりと、初めて会う人と会話が必要になるシーンが多くあります。強固な信頼関係を築くには、会話でコミュニケーションを図ることが欠かせず、コーチングで得られる高いコミュニケーション能力は、仕事を獲得する際に大変大きな武器になります。

ネット環境が整った現代では、直接会って話すことだけにコミュニケーション能力が求められているわけではありません。メールやオンライン通話などでも、文面や言葉の選び方から相手の思いを察する傾聴力や、自身の考えを伝える力などが必要になります。

コミュニケーション能力が高いと人間関係が円滑に進むことも多く、コーチングを学ぶことは、ビジネスシーンを含めた人生のあらゆる場面を豊かにしてくれるでしょう。

会社の規模が大きくなった場合にも役立つ

起業や副業が成功し、会社の規模が大きくなったときにもコーチングは役立ちます。それまでは、自分の頭の整理として活用していたコーチングが、ステップアップすると、部下や関わる人たちの思いや目的を明確化させることや、部下や周囲の人たちとの信頼関係を強くするのに、コーチングが役立つことに気付くでしょう。

コーチングとは理論を理解し、相手との対話を実践で積むことでスキルアップしていきます。コーチングを受けることは簡単でも、いざコーチの立場として対話するのは独学では難しいものです。

自身がコーチングを受けて成功した人は、コーチングの重要性を体感しているため、次のステップとして、部下や周囲の人の成功のために、コーチの立場からコーチングが学べるコーチングスクールへ通うようになる人が少なくありません。

自分の力を一つのことに集中させる力をつける

コーチングは自分の力をひとつに集中させるため、目的達成への無駄を省くのにも役立ちます。

起業や副業に興味を持つ人は、現在の生活とは異なる世界に思いが向かっていたり、多角的な視野で物事を見ていたりすることが少なくありません。希望や理想を掲げることはよいことですが、目標が定まらず、思いがさまざまな方面に向かっていては、目的達成までにかかる時間や手間が本来よりも多くかかってしまうことがあります。

コーチングでは対話によって、思いの根底にあるものを見つめ直すシーンが多くあります。思考をまとめることで、さまざまな方向に向かいがちな思いをひとつにまとめ、本来の目的や今の自分がやるべきことがブレてしまうのを防いでくれるようです。コーチングには、最短&最速で目的を達成させられる力があるといっても過言ではありません。

最近では、世界の大手企業が、コーチングが従業員教育に役立つと考え、コーチングスクールから講師を招いて、従業員のモチベーションアップに活用しているところが増えつつあります。今後もこの傾向は拡大していくことが予想されます。

起業家や経営者にはコーチの存在が重要になる場面が多い

たとえば自分のまわりに相談相手がいても、日常的に関わる人が相手なら、本音がいえなかったり、気が付いたら相談中に感情的に話してしまっていたりすることがありませんか?

とくに起業家や経営者の場合は、会社の経営や本質につながることがあり、悩みや不安の内容も複雑で難しいことがよくあります。そのため、誰かに相談するといっても、相手によって相談内容を選んでしまう人が少なくありません。

起業家や経営者は、悩みや不安を抱えていても、周囲にそれを悟られてはいけない場面に遭うこともあります。コーチは、常に対象者の可能性を信じ、味方になり、背中を押すのが役目です。複雑で難解な問題を抱える起業家や経営者こそ、向かうべき目的や、自分が今やるべきことなどを整理するのにコーチングが役に立つといえます。

 

コミュニケーション力は、ビジネスシーンでも問われることが多い能力です。聞く&話すが基本になるコーチングは、コミュニケーション力の向上に役立ちます。起業家や経営者などはとくに、コーチの存在の大きさを感じることが多いでしょう。

コーチングは、コーチとして学ぶことにも大きなメリットがあります。コーチングのメリットを体感したあと、コーチングスクールで本格的にコーチングを学ぶのもおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む