コーチングはティーチングやコンサルティングとは何が違うの?

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/06/20


ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別物です。本記事では、コーチング・ティーチング・コンサルティングの違いを紹介します。違いがわからないという方は、ぜひご覧ください。

ティーチングとの違い

・コーチング
相手の抱えている問題に対して、相手自身の力で気が付けるように誘導してあげる会話手法のことです。

・ティーチング
相手に答えに気が付かせるのではなく、答えを教えていくマネジメント・教育手法です。

名前も似ていることから、同じ意味を持っている言葉だと勘違いしている方もいますが、別の意味を持った言葉となっています。コーチングは相手の成長意欲を高めたいときや、相手の視野を増やしたい時に使用し、ティーチングは、新入社員に仕事を教える、また、経験や知識が浅い相手に対して使用するなど、使い分けが可能です。

コンサルティングとの違い

コンサルティングとコーチングは、どちらもコミュニケーション手法の1つですが、全く同じ物というわけではありません。

・コンサルティング
相手が持っていない情報を与えることで、一緒に最適解を探していくコミュニケーション手法

・コーチング
相手の中に答えがあることを前提に、相手の気付いていない答えを会話で誘導することで気付かせるコミュニケーション手法

コンサルティングとコーチングは、相手の選択肢を増やすこと、相手の目的を達成するための手助けをすること、などの部分が共通しています。コーチングは相手の内に秘めた答えを引き出す手法であり、対してコンサルティングは相手が持っていない情報を提供することで、答えへたどり着くための手助けを行うため、相手が答えにたどり着くまでの過程が異なっています。

相手の中に答えがある場合にはコーチングを使用し、相手の中に答えがあるとは限らない場合や、確実に相手が答えを持っていないという場合には、コンサルティングを使用するなど、臨機応変に対応を変えていくことが重要です。

コーチングは現代のビジネスシーンで利用できる

コーチングは、現代のさまざまなビジネスシーンで活用していくことが可能です。ここでは、コーチングが具体的にどんなシーンで活用出来るのかを紹介します。コーチングを新人教育などに取り入れていきたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

なお、コーチングの習得方法としては独学や通信教育、コーチングスクールを利用する方法がありますが、独学や通信教育よりも、コーチングスクールを利用して習得を目指す方法が、最も短時間で効率的にスキルを身に着けることができます。コーチングスキルを習得する際には、ぜひコーチングスクールの利用を検討してみてください。

部下の自発性や主体性を高められる

コーチングはビジネスシーンで、部下の自発性や主体性を高めることに活用することができます。コーチングを活用するとティーチングなどとは違い、部下の抱えている問題に自身の力で気が付かせることができるため、コーチングを行った部下の自発性や主体性を成長させることができます。自分が抱えている問題点を他者から直接指摘されてしまうと、誰でも不快に感じ自信を喪失してしまうものです。

ですが、コーチングを活用して相手自身に自力で気が付かせると、自分の力で気が付いたことにより自信が付きます。答えを直接教えてしまう行為はコーチングではないため、コーチングで答えに誘導する過程で、直接答えを教えてしまわないように注意しましょう。なお、新入社員に会社のルールを教える際などの、自分から答えにたどり着く必要のないシーンや知識・経験の少ない相手に対しては、コーチングよりもティーチングの方が有用となっています。

部下のモチベーション向上

コーチングは、モチベーションの向上・維持させることにも活用ができます。モチベーションの維持向上にも活用できますが、モチベーションを高く維持させるためには、1回のコーチングで終わりにせずに、一定期間ごとに数回のコーチングを行うことが必要になります。基本的にコーチングは定期的に行った方が、効果が出るため、一度のコーチングで終了することの方が少ないです。そのため、コーチングを行う際は、1度目で結果が出なかったとしても焦らずに長期的な視野を持って、継続的にコーチングを行うようにしましょう。

 

コーチングは、対話を通じて相手が問題点に気が付けるよう誘導する会話手法のことです。ティーチングは、相手に答えに気が付かせるのではなく、答えを教えていくマネジメント・教育手法で、コンサルティングは、相手が持っていない情報を与えることで、一緒に最適解を探していくコミュニケーション手法です。コーチングスキルは、コーチングスクールを利用して習得を目指した方が、短時間で効率的にスキルを身に着けることができます。コーチングスキルを習得する際には、ぜひコーチングスクールの利用を検討してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む