コーチングスキルが活かせる時代の到来?なぜ今コーチングが必要なのか

公開日:2022/04/20  

コーチングスキル

今ビジネスの場でコーチングが注目を集めているのをご存知ですか?コーチングとは、会話を通して相手の内に秘めた目標を見つけ、目標達成のために必要なことを、相手が自分で気づけるように会話で誘導する手法です。本記事では、なぜ今コーチングが必要なのかについて紹介します。コーチングに興味がある方は、ぜひご覧ください。

コーチングの歴史と起源は?

コーチングスキルとは、対話を通して相手の内に秘めた目標を見つけ、目標達成のために必要なことを相手が気づけるよう会話で誘導することで、相手の可能性を引き出す会話・コミュニケーションの手法のことです。

目標達成に必要なことを直接伝えてしまうよりも、コーチングを使用して相手に自分で答えにたどり着かせることで、相手の自発性の成長を促すことができます。

何が足りていないから目標が達成できないのだと直接指摘されてしまうと、人によっては自分を否定されているかのような不快感を覚えたり、自信の喪失につながったりしてしまうこともあります。

コーチングを利用して自分の問題点に自分で気づかせると、自分で答えを導き出せたことによる自信がつき成長意欲を高めることが可能です。

コーチングスキルが、ビジネスシーンにおいて注目され始めたのは、つい最近の出来事ですが、最近生まれた手法ではありません。

意外と知られていませんがコーチングは、ずっと昔からあった歴史のある手法です。いつから存在したのか、歴史と起源を紹介します。

歴史

日本で注目され始めたのはつい最近のことですが、意外と長い歴史があります。コーチングスキルの始まりは、1959年にハーバード大学の助教授だったマイルズメイスの書いた『The Growth and Development of Executives』という本のマネジメントにおいてコーチングは重要なスキルだ」という記述があります。

日本でコーチングスキルがビジネスシーンにおいて使われ始めたのは、もう少し最近のことです。1997年にコーチングスキルによる組織開発を目指す組織、コーチング・ファームのコーチング学習プログラムの提供によって、ビジネスシーンでコーチングスキルが利用されるようになった、といわれています。

現代になって、コーチングスキルが重要視され始めたのには、価値観の多様化などの社会の変化により、自立している指示がなくても、自分で物事の判断をして動くことのできる人材が求められているなどの理由があると考えられています。

上司などの指導をする側の人間がコーチングスキルを学ぶことで、冷静な自己分析が行える成長意欲の高い人材を育成していくことが可能です。

起源

コーチングの由来は、乗合馬車から来ています。乗合馬車は乗客をそれぞれの目的地まで送り届けるための乗り物です。

ビジネスシーンにおけるコーチングも、対話を通して相手が望んでいる目的地まで相手自身を届けるという面で、由来である乗合馬車と重なっている部分があります。

現代の仕事ではどんなメリットをもたらすのか

コーチングスキルとは、対話を通して相手の内に秘めた目標を見つけ、目標達成のために必要なことに相手が気づけるよう会話で誘導することで、相手の可能性を引き出す会話・コミュニケーションの手法のことです。

ここでは、ビジネスシーンで注目を集め始めているコーチングスキルが、現代のビジネスシーンにおいてもたらす可能性のあるメリットを紹介します。

ビジネスシーンでコーチングスキルを活用していきたい方、社内の人材育成に力を入れていきたい方は、ぜひ参考にしてください。

相手の主体性や自発性を育てることができる

コーチングには相手の主体性・自発性を育成できるというメリットがあります。自分の問題点を人から指摘されると、どんなに前向きに伝えられたとしても自信を喪失してしまうものです。

しかし、コーチングを通して相手の助言の力を借り、自分で問題に気付くことができれば、自信を喪失することはありません。

モチベーションを高めることができる

会話で答えへ誘導したとしても、誘導された相手は誘導されたと感じることなく、自分の力で答えにたどり着いたと感じます。目標達成に必要なことを自分の力で気付くことができれば、モチベーションを高めることができます。

高いコミュニケーション能力が求められる時代

優秀な人材を確保することは重要ですが、少子高齢化の影響で昔よりも優秀な人材が減り、人材の確保自体が難しくなってきています。

そのため、自社だけ時代の波に取り残されずに優秀な人材を確保するためには、自社で積極的に社員を育成すること、求職者に選ばれ入社すると自身の成長が見込める企業であることが重要です。

この機会にコーチングを人材育成に取り入れて、成長意欲の高い社員の育成を目指してみてはいかがでしょうか?

 

時代の流れは常に移り変わっているため、今まで問題なく成功していたことでも、この先も確実に成功するとは限りません。これから先も成功を収めていくためには、時代の波に取り残されないよう新しい取り組みを積極的に取り入れていくことが重要になります。社員の育成に悩んでいる方、自己判断のできる意欲の高い社員が欲しいと考えている方は、新規で希望の人材を取り入れるのではなくコーチングスキルを使っての社員の育成も前向きに検討していきましょう。本記事が社員の育成で困っている方の役に立てれば幸いです。

 

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む