コーチングスクールではどんな授業を行っている?授業内容をご紹介!

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/08


コーチングとは、コーチが個人や組織の目標達成のためにサポートをすることです。そして、ビジネスシーンでのコーチングでは、目標達成のために必要な条件を相手から引き出し、気づきを与えて自わから目標達成のために能動的に動けるよう指導していきます。本記事では、コーチングスクールでどのような授業が行われているのか紹介します。

東京コーチング協会の場合

東京コーチング協会では、コーチの育成に力を入れていることが特徴のスクールです。実際に、東京コーチング協会のコーチ育成では、「TripleAプログラム」を採用し、コーチのスキルアップを徹底しています。

TripleAプログラムとは、さまざまなコーチ機関で学び、全国で活躍しているコーチたちの経験や実践的なノウハウを結集させた東京コーチング協会独自の世界基準のプログラムです。そのため、他社とは異なるハイレベルなコーチ育成によって、指導力の高いコーチが多数在籍しているのです。

そして、東京コーチング協会ではエッセンシャル・キートーンコースをはじめとした4つのプログラムを用意しています。その他のコースはエッセンシャルコース・エキスパートコース・エクセレントコースの3種類が展開されています。まず、エッセンシャル・キートーンコースは、エッセンシャルコースを含む全60時間のプログラムの中の最初の12時間にあたるようです。プログラムの内容は、コーチングの全体像などの基本的な内容について学ぶことが可能です。

そして、本格的にコーチングのスキルを身に付けたい場合は、エッシェンシャルコースに進み、残りの48時間を受講します。また、エキスパートコースでは、より実践的なコーチングのスキルや考え方について学ぶことができ、エクセレントコースでは世界基準に基づいたハイレベルな内容によって自立したコーチングスキルを学ぶことが可能です。

コーチ・エィアカデミアの場合

丁寧な指導を特徴とするコーチ・エィアカデミアでは、受講生一人一人に対してコーチが付き、1年~1年半をかけて継続的な指導を行っています。そして、コーチ・エィアカデミアのカリキュラムは、リーダー向けコースとプレミアムコースの2つのコース内容が用意されています。リーダー向けコースでは、コーチングの基礎や定義、活用方法など基礎的な内容の指導からスタートすることが特徴です。

そして、コースが進んでいくにつれて3回の実践的なエクササイズが用意されています。エクササイズでは受講者同士がコーチングを行い、双方の機会を体験することでコーチングスキルを高めることを目的としています。

そして、リーダー向けコース終了後にプレミアムコースへ進むことが可能です。プレミアムコースでは、リーダー向けコースで学んだ基礎的な内容を元に、さらにコーチング力を高めるための応用的な内容が中心となります。たとえば、コーチとしての感情マネジメントや、影響力を高めるノウハウを学ぶことが可能です。

つまり、プレミアムコースを受講することで、ハイレベルなコーチングスキルを取得し、組織で高い指導力を発揮できるよう技術や知識を高めて内容となっているのです。コーチ・エィアカデミアでは、受講者の目的や目標に応じてコースを展開し、効率的にスキルを学ぶことのできる環境を実現しています。

コーチ・アイエヌジーの場合

さまざまな種類のコーチングがある中で、コーチ・アイエヌジーでは企業コーチングを強みとしています。企業コーチングとは、組織の成長をサポートすることを目的とするコーチングのことです。

そして、コーチ・アイエヌジーのコーチングは、個の力を高める人材の育成に加え、全体の力を高める組織へのサポートを行い、業務改善や改革、組織力アップに貢献していることが特徴です。コーチ・アイエヌジーでは、社員の力と企業のチーム力の両方を高めていくことが組織の成長につながると考え、双方をバランスよく育成することで高い成果を発揮しています。

また、ビジネスコーチングのプロであるコーチ・アイエヌジーでは、経営者に向けたエグゼクティブコーチングや社内コーチを育成するプログラムとしてホールシステムコーチングも展開しています。

その他にも個人向けのコーチングとしてパーソナルコーチングを実施したり、コーチングを体験してみたい方に向けてワンポイントコーチングというコースを用意したりしているようです。つまり、コーチ・アイエヌジーでは受講者のレベルや目的に合わせて細かくコースを展開することで、目的や目標に合わせた的確な指導を実現しているのです。

まとめ

コーチングスクールには、企業やアスリート、個人に向けて指導を行っているものなどさまざまな種類があります。さらに、企業コーチングの中にも、経営者向けや社員向けなど豊富なプログラムがあり、目的や目標に合わせて受講するプログラムを選び必要があります。つまり、コーチングスクールを選択する際は、自分自身の目標・目的を明確にし、どのスクールに通うことが最も効果的かを考えることが重要なのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む