ヘッダー画像

おすすめのコーチングスクールランキングTOP3

東京コーチング協会
おすすめポイント
国際コーチング連盟認定マスターコーチ2名がトレーニング時に加わる世界標準のコーチング講座!
もっと詳しく
コーチ・エィ アカデミア
おすすめポイント
膨大なデータを基に養う、単なるコーチングに止まらないマネジメントスキル
もっと詳しく
コーチ・アイエヌジー
おすすめポイント
「人を育てる人」を育て、組織力アップに力を入れたコーチング研修を提供
もっと詳しく

おすすめのコーチングスクールをランキング形式で紹介します!

プロコーチを目指す方や部下を持つ方、そして将来そのような立場を目指す方でコーチングの方法に悩んでいる方も多いでしょう。知識やスキルを持っていても、実際にコーチングする場面でそれを発揮できないという方も少なくないようです。

相手の性格や特性を理解し、習熟度も把握しながらその人に合わせたコーチングをするというのは至難の業だと言えるでしょう。人をコーチする立場になる方はまず、

・コーチングの目的や意味
・コーチングの資格について
・コーチングを学ぶメリット

などについて少なくとも知っておくべきだと言えるでしょう。そこで当サイトではコーチングが学べるコーチングスクールについて、さまざまな角度からご紹介していきます。またWEBアンケートをもとにおすすめのコーチングスクールをランキング形式でご紹介しています。

初めてコーチングについて知った方はもちろん、コーチングスクールに通いたいと考えている方もぜひ参考にしてみてください。ほかにも「コーチングとカウンセリングの違い」「コーチングスクールで学べること」「取得できる資格」などについてもご紹介していきます。当サイトを見てコーチングスクールについて理解を深め、自分に合ったコーチングスクールを見つけていただければ幸いです。

おすすめのコーチングスクールランキング一覧!

国際コーチング連盟認定マスターコーチ2名がトレーニング時に加わる世界標準のコーチング講座!

一般社団法人東京コーチング協会は、国際コーチング連盟のコアコンピテンシーに準拠した世界標準のプログラムで国際資格を目指せるコーチングスクールです。講師に国際コーチング連盟認定マスターコーチが2名在籍しているのも特徴です。

また定員10名と少人数制の講座で、トレーナーとの距離が近くきめ細やかなサポートをしてくれるのもポイント。講座時間以外も受講修了生が専属サポーターとして対応してくれて安心です。

東京コーチング協会の強み

少人数制ならではのきめ細かいサポート!世界標準のプログラムで資格取得を目指せる

一般社団法人 東京コーチング協会の基本情報

コースエッセンシャルコース:429,000円
エキスパートコース:415,800円
エクセレンスコース:302,500円
エッセンシャルキーストーンコース:88,000円
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、東京コーチング協会認定コーチ資格
ICF認定内容ACTP、CCE
お問い合わせ電話・メールフォーム
MAP
受講時間エッセンシャルコース:60時間
エキスパートコース:42時間
エクセレンスコース:25時間
など
膨大なデータを基に養う、単なるコーチングに止まらないマネジメントスキル

コーチ・エィ アカデミアは受講者満足度の高い、実践を交えた体系的なプログラムでコーチングスキルを確実に身につけることができます。20万人以上のリサーチデータを基に創られたコーチングを、理論的・体系的・実践的に習得できるプログラムです。

コーチ・エィ アカデミアの核となるオンラインクラスは、複数名が同時に電話でクラスに参加できるコーチ・エィ独自トレーニングスタイルを採用しています。また、平日朝と夜にも開講しているのもポイントです。

コーチ・エィ アカデミアの強み

実践を交えた体系的プログラムでコーチングスキルが身につく!柔軟な授業時間で働きながら通いやすい

コーチ・エィ アカデミアの基本情報

コースリーダー向けコース:1,100,000円(税込)
プレミアムコース:1,650,000円(税込)
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、 (一財)生涯学習開発財団認定コーチ資格
ICF認定内容ACTP
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間リーダー向けコース:80クラス
プレミアムコース:120クラス
(1クラス:50分)
コーチ・アイエヌジーの画像1
「人を育てる人」を育て、組織力アップに力を入れたコーチング研修を提供

コーチ・アイエヌジーは、ホールシステムコーチング®という実践心理学コミュニケーション、ポジティブ心理学、脳科学を融合させて独自に開発したプロコーチや社内コーチを養成するためのプログラムを採用しています。

ホールシステムコーチング®ではクライアントをより確実に目標達成に導けるように、幅広い視野と思考でクライアントと接することができるスキルを身に着けることができます。

コーチ・アイエヌジーの強み

コーチ自身のスキル・ステージアップにおすすめ!幅広い視野と思考が身につく

コーチ・アイエヌジーの基本情報

コースブレインコース:55,000円(税込・テキスト代込)
プロフェッショナルコース:330,000円(税込・テキスト込・認定コーチ資格受験料込)
アドバンスプロフェッショナルコース:352,000円(税込・テキスト込)
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、 ホールシステムコーチング資格
ICF認定内容ACTP
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間ブレインコース:14時間
プロフェッショナルコース:66時間
アドバンスプロフェッショナルコース:73時間
など
CTIジャパンの画像1
幅広いニーズに応える独自のプログラムを実施

CTIジャパンは、プロを目指す方はもちろん職場での人間関係構築や家庭・地域のコミュニティなど人間関係を創っていく方法を探している方におすすめのコーチングスクールです。段階に応じた5つのコースが用意されているので最適な学びができるのも特徴です。

国際コーチング連盟(ICF)の認定を受けた世界で最初のカリキュラムで、上級コースに合格すると、CPCCを取得することが可能です。

CTIジャパンの強み

国際コーチング連盟の認定資格取得可能!プロのコーチを目指す方にもおすすめ!

CTIジャパンの基本情報

コースコアコース基礎:税込み132,000円
コアコース応用:税込み220,000円
上級コース:税込み825,000円:資格試験受験費を含む
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、 CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
ICF認定内容ACTP、CCE
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間コアコース:2日半(オンラインコースの場合は4日間)
上級コース:約100時間
など
「人の可能性の最大化するサポーター」を育成するコーチングスクール

ZaPASSは、1ヶ月から約半年のカリキュラムで、体系的にコーチングを学ぶことが可能です。講座内・外で仲間とともに学べるから、着実にコーチングの技術を身につけられる。

ZaPASS認定コーチになれば、コーチマッチングのプラットフォームで仕事を受けることも可能になり、認定コーチ登録のためのスキルアップを支援してくれます。

ZaPASSの強み

講座内・外で仲間とともに学べる!録画対応だから忙しい方も安心して通える

ZaPASSの基本情報

コースEntry:121,000円(税込)
Basic:242,000円(税込)
Step Up:330,000円(税込)
Advance:330,000円(税込)
取得可能資格ZaPASS認定コーチ資格
ICF認定内容
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間Entry:10時間
Basic:20時間
Step Up:20時間
Advance:1泊2日
老舗スクールが放つ、受講生それぞれに合わせたリーズナブルなコーチング

銀座コーチングスクールは、全国30か所以上で対面式またはオンラインで少人数制のクラスを開講しているコーチングスクールです。受講ニーズに合わせた段階別クラス編成で、リーズナブルに受講できるのが特徴です。

また認定コーチの8割がプロコーチや企業内コーチとして活躍している実績もあり、確かなコーチングのスキルや知識を学べるスクールだと言えるでしょう。

銀座コーチングスクールの強み

全国30ヶ所以上の対面またはオンラインクラス!段階別のクラス編成で個別に受講可能

銀座コーチングスクールの基本情報

コースレギュラークラス:クラスA-基本スキル編:44,000円(税込)
国際資格取得コース:クラスJ-国際資格取得コース【初級】:93,500円(税込)
ステップアップクラス:GCSクラス講師養成プログラム:308,000円(税込)
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC)、 GCSコーチ認定
ICF認定内容ACSTH、CCE
お問い合わせ電話・メールフォーム
MAP
受講時間レギュラークラス:クラスA-基本スキル編:約10時間
国際資格取得コース:クラスJ-国際資格取得コース【初級】:約21時間
ステップアップクラス:GCSクラス講師養成プログラム:約50時間
など
共創コーチ養成スクールの画像1
プロが直接指導!新たな価値観を生む「共創」を作るコーチング

共創コーチ®養成スクールはどのような立場の方でも、共創コーチング®を適切に使うことで、相手の才能を上手く引き出せるようになります。自分らしいリーダーシップの技術・スキルを身に付けることを目的としたプログラムが特徴です。

また人はそれぞれ違うというスタンスに立ち、目の前の人の捉え方、関係性を築いていくためのコミュニケーションの方法、目的や成果に向けてその人自身が上手くいくためのポイントについて学ぶことができます。

共創コーチ養成スクールの強み

100時間を超える豊富な知識と演習!自分らしいリーダーシップの技術が身につく

共創コーチ養成スクールの基本情報

コース基礎コース:77,000円(税込)~
養成コース:286,000円(税込)
グループコーチング:スクール受講生198,000円(税込)、一般参加者275,000円(税込)
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、 共創コーチ®資格
ICF認定内容ACTP
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間基礎コース:9.6時間
養成コース:10:00〜17:00×6回
グループコーチング:10:00~17:00×3回
など
感情指数EQの開発を専門とし、グローバル展開する組織

シックスセカンズジャパンは日本の拠点として2010年に設立。米国Six Secondsは1997年、世界初で最大の感情知能(EQ)の開発専門組織として誕生し、実践的で応用可能な感情および脳の科学的な調査研究・情報発信をおこなっています。

自分らしさを探求できる人と組織であふれる社会の実現を目指し、個人と組織のポジティブチェンジを促進・支援しています。

シックスセカンズジャパンの強み

個人と組織のポジティブチェンジを促進・支援!EQの開発を専門とする組織として誕生

シックスセカンズジャパンの基本情報

コースUEQ|基礎講座 Unlocking EQ、 EQAC|SEI EQアセッサー、 EQPC|EQプラクティショナー、 BPC|ブレインプロファイラー など
料金は開催期間により異なる可能性があるため要問い合わせ
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)、 EQ国際認定資格
ICF認定内容ACTP
お問い合わせ電話・メールフォーム
Map
受講時間UEQ|基礎講座 Unlocking EQ:10:00~17:00
EQAC|SEI EQアセッサー:9:30~17:00×3回
BPC|ブレインプロファイラー:10:00~16:30
など
マインドフルリーダーシップインスティテュートの画像1
組織と社会のアップグレードを目的に高品質な世界標準の講座を提供

マインドフルリーダーシップインスティテュートは、リーダーシップと組織開発のために日本でいち早くマインドフルネスを導入したコーチングスクールです。個人・組織・社会すべての健全な共存と繁栄をもたらすためのサポートを実施しています。

中でもMBCCは世界でも数少ない、マインドフルネスとコーチングが完全に統合されたプログラム。マインドフルネスと統合することで、コーチング本来の力を発揮します。

マインドフルリーダーシップインスティテュートの強み

マインドフルネスとコーチングが完全に統合された質の高いプログラムを提供

マインドフルリーダーシップインスティテュートの基本情報

コースSSU(スーパースタートアップ) 入門コース:77,000円
エッセンシャルズ 基礎コース:387,200円(税込)
チェンジメーカー 応用コース:453,185円(税込)
など
取得可能資格ICF認定資格(ACC、PCC)
ICF認定内容ACTP、CCE
お問い合わせメールフォーム
MaP
受講時間SSU(スーパースタートアップ) 入門コース:22.5時間
エッセンシャルズ 基礎コース:46時間
チェンジメーカー 応用コース:74.5時間
など
コーチェットの画像1
「人を生かし育てるリーダー」の育成の注力、確実に身につくプログラムを提供

コーチェットは、「人を生かし育てるリーダー」になるための、コーチング習得プログラムです。3ヵ月間、コーチングを受けながら学び、自身の目標達成を目指すと同時に、人を生かし育てるコーチングスキルを身につける。

集合のコーチングスクールとは異なり、一人ひとりの役割や課題に合わせてカリキュラムがパーソナライズされた、マンツーマン「以上」の学びの場を提供しています。

コーチェットの強み

体系的な学びを習得できるカリキュラムが特徴!マンツーマン「以上」の学びが可能

コーチェットの基本情報

コースコーチェット エグゼクティブコーチング
レギュラープラン:全6回 /月2回、3ヶ月間
ライトプラン(お試し):全3回 /月1回、3ヶ月間
など
取得可能資格不明
ICF認定内容
お問い合わせメールフォーム
MAP
受講時間コーチェット エグゼクティブコーチング
レギュラープラン:33万円〜(税込)
ライトプラン(お試し):16.5万円〜(税込)
など

【その他】コーチングスクール一覧

NPO法人日本スクールコーチ協会
基本情報
コース コーチングベーシック講座:税込¥16,200
スクールコーチング講座:税込¥32,400
コーチ型教育ファシリテーション講座:税込¥37,800
コーチ養成講座:税込¥385,000~
専門講座:不明
取得可能資格 認定スクールコーチ
ICF認定内容 ACSTH
お問い合わせ メールフォーム
受講時間 コーチングベーシック講座:1日 / 10:00 ~ 17:00
スクールコーチング講座:2日 / 10:00 ~ 17:00
コーチ型教育ファシリテーション講座:2日 / 10:00 ~ 17:00
コーチ養成講座:12日間
専門講座:不明
THE COACH Academy
基本情報
コース 基礎コース:税込132,000円
応用Aコース:税込187,000円
応用Bコース:税込187,000円
プロコース:税込396.000円
取得可能資格 CACP、ACC
ICF認定内容 ACC
お問い合わせ メールフォーム
受講時間 基礎コース:約1週間
応用Aコース:約1週間
応用Bコース:約1週間
プロコース:約5ヶ月
アクシス株式会社
基本情報
コース キャリアデザインコース:275,000円(税込)+入会金50,000円
自己実現コース:440,000円(税込)+入会金50,000円
自己実現moreコース:660,000円(税込)+入会金50,000円
取得可能資格 不明
ICF認定内容 不明
お問い合わせ メールフォム
受講時間 キャリアデザインコース:5回(35日)
自己実現コース:10回(75日)
自己実現moreコース:15回(125日)
ネオコーチングスクール
基本情報
コース ベーシック:¥0
ビジネス:¥1,980
プロフェッショナル:¥4,980
など
取得可能資格 なし
ICF認定内容 不明
お問い合わせ メールフォーム
受講時間 ベーシック:チャプター1~3全24レッスン※時間は不明
ビジネス:チャプター4~10全32レッスン※時間は不明
プロフェッショナル:不明
など
一般社団法人日本コーチング教育振興協会
基本情報
コース コーチング能力養成講座:不明
コーチング能力養成 特別集中講座:不明
コーチング・エッセンシャル講座:不明
など
取得可能資格 一般社団法人日本コーチング教育振興協会 認定コーチ
ICF認定内容 不明
お問い合わせ 電話・メールフォーム
受講時間 コーチング能力養成講座:不明
コーチング能力養成 特別集中講座:不明
コーチング・エッセンシャル講座:不明
など
株式会社コーチビジネス研究所
基本情報
コース エグゼクティブ・コーチング&ビジネス・コーチング:22,000円~88,000円
人財育成・研修:リーダーのための自律型人材育成術:130,000円(税込)
パーソナルコーチング:起業を目指したい方:55,000円~
トライアル(お試し)コーチング:1回 5,500円
SMEエグゼクティブコーチ養成講座:
取得可能資格 CBL(コーチビジネス研究所)認定コーチ
JEA(一般社団法人日本エグゼクティブコーチ協会)認定エグゼクティブコーチ
ICF認定内容 不明
お問い合わせ メールフォーム
受講時間 エグゼクティブ・コーチング&ビジネス・コーチング:原則6カ月以上月1~2回/1回60分~90分
人財育成・研修:リーダーのための自律型人材育成術:不明
パーソナルコーチング:起業を目指したい方:原則6カ月以上月1~2回/1回90分
トライアル(お試し)コーチング:1回 60分
SMEエグゼクティブコーチ養成講座:
株式会社はぐくむ
基本情報
コース Basic編 – SATSUKI:社会人¥184,800/学生¥151,250
Step Up編 – MIZUHO:社会人¥336,600/学生¥286,000
取得可能資格 不明
ICF認定内容 不明
お問い合わせ メールフォーム
受講時間 Basic編 – SATSUKI:19:00-22:00
Step Up編 – MIZUHO:19:00-22:00

ここからはコーチングスクールの詳細をはじめ「コーチングスクールで学べること」「失敗しないコーチングスクール選びのポイント」などについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

コーチングとは?

コーチングとは?
まずは初めてコーチングについて知った方、知っていたけれど詳細を知らない方のためにコーチングとはどのようなものなのかを解説していきます。目的などを理解することで、コーチングの重要性が見えていくるはずです。

コーチングとは

コーチングとは、コーチする対象者の自主性を促し目標を達成するためのサポートをするコミュニケーションの手法です。1990年頃にアメリカで生まれた考え方であり、日本では2000年頃から経営者やマネージャーなどの研修に取り入れられるようになったそうです。

その中でもとくにビジネス分野で社員の指導などをすることを「ビジネスコーチング」といいます。さらに複数人によるセミナー形式やワークショップではなく、コーチと対象者の一対一でおこなわれるのがパーソナルコーチングと言われるものです。パーソナルコーチングでは個人の具体的な事情を踏まえておこなわれます。

現在では企業の人材教育などの場面でも活用されており、コーチング型マネジメントと呼ばれることもあるそうです。有力な組織開発手法のひとつでもあるため、多くの企業が取り入れていれており注目されています。

コーチングに必要なスキル

コーチングには必要なスキルがいくつかあり、例えば「傾聴」「承認」「質問」です。傾聴とはコーチングの対象者を理解するために、しっかりと耳を傾けて話を聞くスキルです。言葉だけではなく仕草や表情なども観察し、対等な立場で対象者を受け止めていきます。対象者が自ら気づけるように、話をリードするのではなくフォローしていくことが大切だと言われています。

そして承認スキルは、成果のみではなく対象者の変化や成長に気づくこと、そしてそれを言葉で伝えることを示します。コーチングでは結果だけを評価するのはなく、過程にも目を向けることが大切なのです。これによって対象者自身が成長を実感し、モチベーションアップや自主性を促すことにも繋がるとされています。

そして質問スキルは対象者の考える力を促していく質問型のコミュニケーションのことを指します。考えを引き出すための質問や思考を広げるための質問など、幅広い質問をおこなっていくことで対象者と対話をすることを目的としています。

このようにコーチングにはさまざまなスキルが必要であり、独学で習得していくことが難しいものでもあります。だからこそコーチングする立場の方、これからコーチングのプロとして活躍したい方はコーチングスクールに通うことがおすすめです。

  • コーチングとは対象者が自主性を持って目標を達成するためのサポートをすること
  • コーチングにはさまざまなスキルが必要なため、スクールに通うのがおすすめ

コーチングとカウンセリングは違う?

コーチングとカウンセリングは違う?
コーチングと似ている言葉として「カウンセリング」「ティーチング」「コンサルティング」の3つが挙げられます。この3つは対象者の考えを引き出すコーチングとは、似て非なるものです。ここではそれぞれの特徴をご紹介していくので、コーチングとの違いを理解していきましょう。

カウンセリングとの違い

カウンセリングとコーチングは、そもそも目的が異なります。カウンセリングというのは対象者が持っている悩みや不安を解消するために、その解決策などを提示し悪い状態から元の状態に引き戻すためのコミュニケーションです。

カウンセリングでは現在の状況に陥ってしまった理由や原因を聞き出すために、双方のコミュニケーションを取っていきます。その点はコーチングと同じですが、成果を出すためのコミュニケーションがコーチングであり、ゴールが異なることを理解しておきましょう。

ティーチングとの違い

ティーチングは指導者が知識やスキルを教えながら答えを示す一方向のコミュニケーション方法です。学校の先生と生徒がまさにこの関係であり、指導する側と指導される側の上下関係が存在します。

ティーチングでおこなうなのは「教える」ことであり、指導される側の自主性を引き出すコミュニケーション、そして並走する関係性であるコーチングとは異なります。

コンサルティングとの違い

コンサルティングとは、クライアントの問題や課題解決を目的とするコミュニケーションです。コンサルティングでは、現状を分析すること、問題点や課題点を見つけてそれを解決するための最善のアドバイスをおこないます。

コンサルタントが持っている知識や情報、そしてノウハウをクライアントに提供しながらアドバイスをしていきます。コーチングでは原則としてアドバイスや提案をおこなわないので、そういった点でも全く異なるコミュニケーション方法であると言えるでしょう。

このようにコーチングとカウンセリング、ティーチング、コンサルティングはそれぞれまったく別の目的を持っておこなわれるコミュニケーションです。各手法が必要な場面や状況も異なるので、コーチングのプロや将来コーチングする立場を目指す方はどこでコーチングが必要なのかを理解しておきましょう。

  • コーチング、カウンセリング、ティーチング、コンサルティングは全く異なるコミュニケーション
  • 場面や状況によって何が必要なのかが変わることを理解しておこう

スクールで何を学べるの?コーチングを学ぶメリットは?

スクールで何を学べるの?コーチングを学ぶメリットは?
コーチングは企業の人材開発や教育に欠かせないコミュニケーション方法になりつつありますが、わざわざスクールに通ってまで学ぶ必要があるのか疑問を感じている方もいるはずです。ここではコーチングスクールで学ぶことによって得られるメリットについてご紹介していきます。

自発的な行動を促せるようになる

コーチングをおこなうことで、自ら考えて行動する力を身に着けさせることができるというメリットがあります。コーチングでは対象者と対話し、対象者自身で考えることを促すため目標を達成するために何をするべきなのを気づかせることができるのです。

これまでは言われた仕事をこなすだけだった場合でも、自分の考えを持って動けるようになり本人はもちろん会社の成長に繋がるということもあるでしょう。またもしも目標を達成することができなくても、不足していた知識やスキルに気づくことができるように促すこともできます。それによって改めてチャレンジする習慣や意識を芽生えさせ、対象者に自信を持たせることも可能です。

信頼関係を構築できる

上司と部下の信頼関係を構築できるという点も、コーチングのメリットです。多くの組織では上司が部下に仕事の指導をし、それに従って部下が動くという仕事の仕方が一般的となっています。しかしこれでは上司と部下という上下関係ばかりが強くなり、信頼関係を築くまでに至らないことが多いのです。

コーチングでは上下関係なしで対等な立場でのコミュニケーションをおこないます。上司と部下が向き合うことで、指導する側とされる側という関係では見えづらかった部下の考え方や成長などに気づくことができるのです。そして部下の成長を認める、考えを受け入れることで部下が思っていることを素直に話しやすい状況を作れるでしょう。

さらに対話する機会が増えることによって、これまで以上に話しやすい関係になれて信頼関係を築きやすくなります。信頼関係を築くことで仕事のやりやすさ、楽しさなども変わるため、組織にとってよい影響をもたらすことは間違いないでしょう。

適正を把握できる

仕事の内容や部署が本当に適正かどうかは、簡単に見える部分ではなくまた本人も気づかないことがあります。コーチングでは対象者の考えを引き出すコミュニケーションをおこないます。そのため、今の仕事が本当に対象者に合ってるのか、その適性を見抜くことができるのです。

もちろん本当の適性を見分けるためにはある程度の時間が必要となりますが、適正な仕事を与えることにより能力が開花したり仕事の楽しさを知ってもらうことができたりなど、対象者にとっても大きなメリットとなるでしょう。

このようにコーチングはたくさんのメリットがあり、組織を円滑にそして生産性向上のためにも欠かすことのできない方法です。コーチングスクールではコーチングをするための技術やスキルを学ぶことができるので、これからコーチングを学びたい方におすすめなのです。

  • コーチングには上司と部下の関係を深めるなどのメリットがある
  • コーチングの手法を学ぶためにコーチングスクールに通おう

コーチングにも資格がある?

コーチングにも資格がある?
コーチングのプロになりたい方、上司として部下のコーチングにより力を入れたい、そんな方はコーチングの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。コーチングの資格は数多くありますがとくにコーチとして活躍の幅を広げていきたい方には国際コーチング連盟(ICF)にて認定される「ACC」「PCC」「MCC」という3つの資格取得がおすすめです。ここではその3つの資格について、それぞれの内容や取得の条件、メリットなどをご紹介します。

ACC

ACCはアソシエイト・サーティファイド・コーチの略で、国際コーチング連盟(以降ICF)の入門的資格とも言えるものです。ICFが認定しているコーチトレーニングプログラム(ACTP)の修了と60時間以上のスクリーニングや8人以上のクライアントとのコーチ実績100時間以上で受講することができます。

またこの内75時間は有料にておこなう必要があり、この時点でプロのコーチのあり方を意識したコーチングが必須と言えるでしょう。さらにコーチングログに使用できるのはトレーニング開始後が限定で、そのうち25時間は申請前18か月以内におこなわれたものでなければならないという条件もあるそうです。

取得するためにはスクールでのトレーニングと併せてコーチングをしていくことが必要で、仕事をしながらの取得にはタイムマネジメントの能力も試されるでしょう。ACCを取得するとすぐにコーチとして仕事を始められるレベルに達していることが証明されるので、プロのコーチとして働くことができます。

PCC

PCCはプロフェッショナル・サーティファイド・コーチの略で、ACC取得後次のステップとしてチャレンジしたい資格です。PCCを取得すると国際的に認められた実績豊富なコーチとして定義されるそうです。

ACTPの修了および125時間以上のスクリーニング、25人以上のクライアントと500時間のコーチングを記録したログの提出が条件となっています。またこのうち40時間は有料でおこなわなければならず、この40時間をクリアするだけでも相当なトレーニングとなることは間違いありません。

ACC資格を保持しながら経験を積んだことが証明される資格でもあり、独立からさらにビジネスとしてコーチングを拡張する方や講師として働く方法なども視野に入れることができます。

MCC

MCCはマスター・サーティファイド・コーチの略でICF認定資格の最高峰であり、国際的に認められた熟練のプロフェッショナルコーチのための資格だそうです。取得するためには200時間の専門トレーニングの修了と10時間のメンター・コーチング、さらに35名以上のクライアントと最低2500時間のコーチングを記録したログの提出が条件となっています。

またこのうち2250時間は有料でおこなう必要があり、それ以外にコーチングの実技審査などもクリアしなければなりません。PCCの5倍を超える実績が必要であり、取得には数年かかる資格でもあります。勉強だけではなくキャリアや実績、また専門知識を積み上げながらコーチングの質を向上させていくことが大切です。

日本だけではなく世界的な信頼性を得られる資格でもあるので、国際的な舞台で活躍することも可能でしょう。また専門分野を極めて行くことで、専門的な企業コーチングやCEOへのコーチングなど大きな仕事を取得できたりスクールの学長や校長として後継者を育成する立場になることもできます。

  

資格 受験条件
アソシエイト・サーティファイド・コーチ ・ICFが認定しているコーチトレーニングプログラム(ACTP)の修了
・60時間以上のスクリーニング
・コーチ実績100時間以上 etc
プロフェッショナル・サーティファイド・コーチ ・ICFが認定しているコーチトレーニングプログラム(ACTP)の修了
・125時間以上のスクリーニング
・500時間のコーチングを記録したログの提出 etc
マスター・サーティファイド・コーチ ・ICFが認定しているコーチトレーニングプログラム(ACTP)の修了
・200時間の専門トレーニングの修了
・最低2500時間のコーチングを記録したログの提出 etc
  • プロのコーチとして上を目指すなら資格取得がおすすめ
  • 資格取得にはトレーニングのログが必要なので働きながらコーチングする必要がある

コーチングスクールは何を見て選ぶ? WEBアンケートで調査!

ここまでコーチングスクールの基礎知識を中心に解説してきましたが、ここからは事前に行ったコーチングスクール選びに関するWEBアンケートの結果を見ていこうと思います。

ネットユーザーを対象に「スクールでコーチングを学ぶ際に重要だと思うポイントはどこだと思いますか?(複数回答可)」という質問をしたところ、結果は上記のグラフのようになりました。多数の回答をいただいた項目から順に、1つずつチェックしていきましょう。

まず1番回答が多かったのは「講師の質」で、28%でした。やはり決められたマニュアルがあるわけではないコーチングスクールの場合、直接教わる講師のクオリティは気になるところですよね。

選ぶ際には、各スクールのホームページなどでコーチング実績を確認してみると良いでしょう。現在進行形でさまざまな企業のコーチングを行う講師が在籍するスクールであれば、基本的には安心できます。

2番目に回答が多かったのは「料金」で、22%でした。コーチング料金はスクールによって大きな差があり、数万円~数百万円まで存在しています。

大事なのは将来的な投資として、コーチングにどれだけの費用がかけられるのか、自らの予算とよく相談して決めることです。もちろん安さだけを基準にしてはいけませんが、通い続けられる範囲をしっかり見極めるのは、継続する上でも大切になってくるでしょう。

3番目に回答が多かったのは「授業内容」で、21%でした。一口にコーチングと言っても、ビジネス系やコミュニケーション系など内容はさまざまですので、自分に合ったコーチングを学べるスクールを選んでくださいね。

4番目に回答が多かったのは「サポート対応」で、18%でした。中でもプロとしての活動や、資格取得を考えている方は、講義終了後のサポートは気になるところではないでしょうか。

スクールによっては、資格に関するサポートや勉強会などを実施していますので、事前に調べておいて損はありませんよ。

5番目に回答が多かったのは「少人数制」で、12%でした。少人数制のメリットとしては、講師との距離が近い、質問しやすいといったことが挙げられます。大勢での授業と比較すると講師側も一人ひとりの様子を把握しやすいため、授業についていけなくなるといったような心配もないでしょう。

ここまでアンケート結果をもとに話してきましたが、他の方がどのような基準でコーチングスクールを選んでいるのか、知ることができたのではないでしょうか?次の見出しからはこれらを踏まえ、失敗しないコーチングスクール選びのポイントについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってください!

失敗しないコーチングスクール選びのポイント

失敗しないコーチングスクール選びのポイント
最後に、コーチの資格取得やより質の高いコーチを目指す方におすすめのコーチングスクールの選び方をご紹介します。効率よく学ぶためにもまた後悔しないためにもコーチングスクール選びは慎重におこないましょう。

講師の質

コーチングスクールで重視したいポイントのひとつが講師の質です。コーチングは学校の勉強のように決まった答えや教科書が定められているものではありません。教え方や学び方は講師の実績などによって異なることがあるのです。

とくに多くのコーチングをしてきた、現役で企業などのコーチングをしているなど多くの実績と信頼がある講師ならより質の高いコーチングを学ぶことができるでしょう。また資格取得を目指すのなら、資格への知識や経験などがある講師のいるスクールを選ぶと安心です。講師の質はそのまま学びの質になるので、よく見極めて選びましょう。

料金

料金も、コーチングスクール選びで重視したいポイントです。実際にコーチングスクールは数万円から通えるコースのあるスクールから、数百万円かかるようなスクールのまでさまざまです。

料金の違いはそれぞれ内容の違いがあると思います。各スクールが実施している無料の説明会や勉強会等に参加して内容・雰囲気・アフターフォローなどなど自分に合ったスクールかどうかをしっかり見極めましょう。

授業内容

コーチングスクールはどのような目的かによって、授業内容も変わってきます。ビジネスでの成果を挙げたい、会社での人材開発や人材教育のためにコーチングを習得したいなどの場合はビジネス向けの授業をおこなっているスクールを選びましょう。

また仕事だけに限らず家庭や周囲とのコミュニケーション能力を高めるためにコーチングスクールに通いたい方は、コミュニケーションスキル向上に特化したスクールを選びましょう。またプロのコーチとして将来独立などを考えている場合は、プロコーチ養成の授業があるスクールを見つけてみてください。

このように目的別で授業の内容も異なるので、まずはどのような学びを求めているか、将来的にコーチングをどのように活用したいかを考えてコーチングスクールを選びましょう。

サポート対応

とくに資格取得やプロとしてコーチングを学びたい方は、サポート体制もチェックしておきましょう。コーチング講座が修了した後でも勉強会を開いてくれたりコーチングの練習をサポートしてくれたり、サポートの内容はスクールによってさまざまです。

目的とする学びに対してどのようなサポートがあるのか、サポートを受けてどのように成長していけるのかをイメージしながらスクール選びをしていきましょう。また資格取得などのサポートも充実していると取得を目指す方も通いやすいでしょう。

少人数制

より深く学ぶためには少人数制のコーチングスクールがおすすめです。大人数のスクールは講師が一人ひとりの理解度を把握できず、途中で着いてこれなくなってしまう人も出てくる可能性があるからです。

少人数制であれば講師との距離が近く、より質問などがしやすいなどのメリットがあります。またマイペースに学びたい方、じっくりと学びたい方も少人数制の方が安心して通えるでしょう。

このように選ぶポイントはいくつもあります。安さだけで選んでしまうと講座の内容が伴わず後悔することになってしまうかもしれません。上記までにご紹介した内容も踏まえ料金と講座内容をしっかりと比較してどこなら通えるのかを判断しましょう。

  • 講師の質や授業内容をしっかりとチェックしよう
  • 通い続けられる料金であることも重要なポイント

よくある質問


今まで自分ではわかっていなかった価値観やビジョンが明確になり、目標が定まります。そしてその目標に向かって行動を起こせるようになります。
このような自信の変化から、周囲の働きかけも変わり、周りの人たちも行動に変化が見られるようになるでしょう。


職場ではもちろんのこと、家庭でも使うことができます。


別物です。

カウンセリングは悩みを解決するために過去を振り返り、そこからどのような影響を与えているかを探ります。

コンサルティングは戦略やプランを考え、そこからアドバイスをしていくことです。

そしてコーチングは、やる気を引き出し目標を定め、その目標に対して壁となる問題を自身でどう解決していくか行動を促すコミュニケーションになります。


可能です。中にはコーチングで生計を立てている方もいます。


コーチになるために必要なことは特にありません。ただ一つ言えるのは、コーチングから学ぶことを素直に実践することができるか、ということです。

コーチングスクール!おすすめ比較表

東京コーチング協会
おすすめポイント
国際コーチング連盟認定マスターコーチ2名がトレーニング時に加わる世界標準のコーチング講座!
料金
■エッセンシャル キーストーンコース
受講料8万8,000円(税込)
会員 入会金 1万円など
講師
国際コーチング連盟認定マスターコーチ在籍
取得可能資格
TCACC、TCAPC、ACTP、ACC、PCC
会社情報
一般社団法人東京コーチング協会
住所:東京都中央区日本橋小舟町8-6 H¹O日本橋小舟町203
もっと詳しく
コーチ・エィ アカデミア
おすすめポイント
膨大なデータを基に養う、単なるコーチングに止まらないマネジメントスキル
料金
■リーダー向けコース:110万円(税込)など
講師
資格を持つコーチ
取得可能資格
ACTP、ACC、PCC、MCC
会社情報
株式会社コーチ・エィ
住所: 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル
もっと詳しく
コーチ・アイエヌジー
おすすめポイント
「人を育てる人」を育て、組織力アップに力を入れたコーチング研修を提供
料金
■パーソナルコーチング1名:2万7,500円(税込)~など
※担当コーチ、テーマにより費用は異なる
講師
国際コーチング連盟マスター認定コーチ在籍
取得可能資格
ACTPなど
会社情報
株式会社コーチ・アイエヌジー
住所:奈良県奈良市西大寺南町5-23-703
もっと詳しく
CTIジャパン
おすすめポイント
幅広いニーズに応える独自のプログラムを実施
料金
■コアコース(基礎・応用)一括申し込み:79万2,000円(税込)など
講師
CPCC、PCC取得の講師が在籍
取得可能資格
CPCC
会社情報
株式会社ウエイクアップ
住所:東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル3F
もっと詳しく
ZaPASS
おすすめポイント
「人の可能性の最大化するサポーター」を育成するコーチングスクール
料金
■Entry:12万1,000円(税込)など
講師
海外や大手企業などで活躍経験のある講師陣
取得可能資格
ZaPASS認定コーチ資格
会社情報
ZaPASS JAPAN 株式会社
住所:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
もっと詳しく
銀座コーチングスクール
おすすめポイント
老舗スクールが放つ、受講生それぞれに合わせたリーズナブルなコーチング
料金
■レギュラークラス
受講料4万4,000円~など
講師
ACC、PCC取得の講師在籍
取得可能資格
ACC、PCC、MCC
会社情報
銀座コーチングスクール
住所:東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビルヂング4F 株式会社アンテレクト内
もっと詳しく
共創コーチ養成スクール
おすすめポイント
プロが直接指導!新たな価値観を生む「共創」を作るコーチング
料金
■基礎コース:28万6,000円(4コースおまとめ)など
講師
国際コーチング連盟認定マスターコーチ在籍
取得可能資格
共創コーチ®資格、ACC、PCC
会社情報
共創コーチング株式会社
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21F
もっと詳しく
シックスセカンズジャパン
おすすめポイント
感情指数EQの開発を専門とし、グローバル展開する組織
料金
■EQPC | EQプラクティショナー認定資格セミナー:28万6,000円(税込)など
講師
不明
取得可能資格
EQAC、EQPC、BPC、VSC、CEQF
会社情報
シックスセカンズジャパン株式会社
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町18-1 ハニー小伝馬町ビル 6F
もっと詳しく
マインドフルリーダーシップインスティテュート
おすすめポイント
組織と社会のアップグレードを目的に高品質な世界標準の講座を提供
料金
■SSU(スーパースタートアップ) 入門コース:7万7,000円など
講師
海外や大手企業などで活躍経験のある講師陣
取得可能資格
ACC、PCC、MCC
会社情報
一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート
住所:東京都港区南青山三丁目15-9 MINOWA表参道 3F
もっと詳しく
コーチェット
おすすめポイント
「人を生かし育てるリーダー」の育成の注力、確実に身につくプログラムを提供
料金
■CoachEd(コーチェット):54万7,800 円(税込)など
講師
海外や大手企業などで活躍経験のある講師陣
取得可能資格
不明
会社情報
株式会社コーチェット
住所:東京都中央区日本橋小網町11-8 ザ・パークレックス小網町ビル 3F
もっと詳しく
SEARCH

新着記事

大手企業に限らず、自治体や中小企業でも人材アセスメントの導入が当たり前の時代になりました。慢性的な人手不足に加え、欧米並みに転職や離職も増えた昨今、優秀な人材の育成や確保に向けて、強力な組織
続きを読む
コーチングを新人育成や社員面談に取り入れたい、と考えている方はいませんか?コーチングは、どんなシーンでも活用できるというわけではありません。ティーチングのほうが向いているというケースもありま
続きを読む
ビジネスシーンで注目されているコーチング・ティーチング・コンサルティングの違いをご存知ですか?同じ物なのかと勘違いしている方も多いですが、ティーチング・コンサルティング・コーチングは全くの別
続きを読む